医療うなじ脱毛を自己処理やエステのうなじ脱毛と比較してみると

医療うなじ脱毛を自己処理やエステのうなじ脱毛と比較してみると

男性は、女性がアップした髪が魅力的だ、また、その時に見えるうなじの部分が魅力的だというように感じる人も多いです。
しかし髪をアップすると首筋がよく見えるので、うなじの部分に産毛が多く生えている場合には、毛が目立ってしまうので、きれいに無駄毛を処理をしておくことが大事です。
(そうでないと、魅力的なうなじが台無しになってしまいかねません。)

 

うなじの産毛をカミソリなどで頻繁に自己処理をおこなうと、カミソリ負けをしたりなどして、肌を傷めてしまい、見た目がみっともなくなる可能性もあるので気をつけなければいけません。
それに、そもそも、うなじの部分は、自分ではなかなかムダ毛の自己処理が難しい部位でもあります。
無理に自分でやろうとすると、襟足の部分を剃り過ぎて、襟足の形がおかしくなってしまうこともありえます。
ですから、周りに産毛処理をしてくれる人がいないという人は、クリニックや病院などに通いプロに脱毛を任せるといいでしょう。

 

うなじの脱毛をする場合は、クリニックに通うか、脱毛サロンに通うかで迷う人もいるでしょう。
まず、当然ながら脱毛サロンでは医療行為が行えないため、出力が制限された脱毛器を使うことになり、医療機関におけるうなじ脱毛と比較して、脱毛効果が出にくく、回数がより多くかかってしまいます。
(また、「永久脱毛」は医療行為であるため、医療機関でしか受ける事ができず、脱毛サロンでは永久脱毛をすることが出来ません。)

 

医療レーザー脱毛は、高出力の医療用レーザー機器を用いて施術出来るため、かなりの脱毛効果が期待できます。
医療脱毛とサロン脱毛の効果の違いは、施術回数で比べると半分以下の回数で脱毛が完了するほどに違います。

 

当然ながら医療機関では、うなじの脱毛についても医療レーザーを用いて行うため、うなじ脱毛 医療は効果が高く、短期間でうなじのムダ毛を無くすことができます。
また、医療機関ですので、万が一に肌トラブルがおきても、医師や看護師の手で適切な処置を行ってもらえるため、すぐに治療をしてもらえて安心です。

 

医療レーザー脱毛では、パワーがとても強い機器を利用して行う脱毛なので、うなじ脱毛の施術の時の痛みが気になるという人もいるでしょうが、最近の脱毛器はかなり肌に優しいものが多いので、痛みを感じることなく施術が受けられます。
どうしても痛みが気になるようなら、麻酔を塗ってもらうこともできるので、担当医などに相談するといいでしょう。

 

また、医療レーザー脱毛では、日焼けをしていると火傷をする危険性などがあるので、施術を断られることもあります。
(この点については、脱毛サロンでも同様ではありますが。)
うなじは日焼けしやすい部位でもあるので、施術前は絶対に日焼けしないように気をつけてください。